春期講座2022

春期講座2022

新高1・春期英語講座

高校入試と大学入試。この2つは入試本番に向かうペースに根本的違いがある。高校入試では学年とともに学習量が増える右肩上がりの「追い込み型」であるのに対し 大学入試は3年間で教科別に必要時間を決定する「教科配分型」と呼べる。
特に、大学入試の英語は高校入試の「真逆」、すなわち高1に学習全体の5割が集約されていると言っても過言ではない。そのため、この高1スタートに失敗は許されない。誰にも「人生は1回」である。
経験的に、数学・物理には超えられない壁があり、だから「文系」という選択肢がある。しかし言語は「学習法」で何とかなる。それを高1から実践すれば、共通テストも苦ではない。実際、英語満点など塾生の第1回・第2回共通テスト英語の結果は全体として、非常に良いものだった。
「誤りのない選択」となる授業を22年目となる本年もめぐり合う生徒に精一杯提供したいと思う。

日程

A日程
3月22日・23日・24日(PM4:30~6:00)
B日程
3月29日・30日・31日(PM4:30~6:00)

会場・受講料

会場
タムラゼミナール 板屋町教室アクセスはこちら
受講料
9,000円(各講座共通・税込)
  • 上記日程A・Bは「3日間で1つ」の講座となります。(難易度・内容は同一のため、ご予定に合わせてご参加ください)
  • 4月より当ゼミへの入塾をお考えの方は、必ずこの春期講座にご参加ください。
  • 令和4年度の通常授業のご連絡は、講座期間内に通知いたします。

※新高3生・中学生英語につきましては、お電話にてお問い合わせください。

新高2・春期英語講座

これで1年が過ぎた、ついに高校2年目の到来である。では、昨年と今年の1年に何の違いがあるのだろうか。それは「この高2のうちに英語をどうするかが大学入試、ひいては各自の人生の進路に大きく影響する」ということを仕事柄、切に思う。
「期末試験=学年40番、模試=180番」といった「自己満足型」は特に危険だ。高3になって「英語を・・・」では必ず浪人する。「時遅し」である。そうでなくても、高2はメンタル的にも低迷する学年でもある。
しかし、その時期をタムラでの復習と学習に向ければ、現役第一志望合格を引き寄せられる可能性はかなり高まる。それをリードするのが「タムラの分かる英語」であり、受講した生徒は、「令和6年、春の勝者」となるだろう。

日程

A日程
3月25日・26日・27日(PM4:30~6:00)
B日程
4月1日 ・2日 ・3日(PM7:00~8:30)

会場・受講料

会場
タムラゼミナール 板屋町教室アクセスはこちら
受講料
9,000円(各講座共通・税込)
  • 上記日程A・Bは「3日間で1つ」の講座となります。
  • 4月より当ゼミへの入塾をお考えの方は、必ずこの春期講座にご参加ください。
  • 令和4年度の通常授業のご連絡は、講座期間内に通知いたします。

※新高3生・中学生英語につきましては、お電話にてお問い合わせください。